« 今夜は晴れるかしら? | トップページ | ゆーじ記念館 »

続・今夜は晴れるかしら?

七夕・短冊・願い事…で思い出したので、もうひとつ。


私にもありました。無垢な子ども時代。

しかし純粋・無知のあまり、時として大惨事を招いてしまうことも…。


その悲劇は保育園の時。

七夕行事のために、家で短冊の願い事を書いてくるよう言われた私は悩みました。


『ケーキをいっぱいたべたい』

『シルバニアファミリーがほしい』

『えがじょうずになりたい』

『はいしゃさんのさんのおねいさんになりたい…』


…などなど、とめどなく溢れる私の野望。

どれかひとつに絞るなんてとても出来ない!


しかし、ふと思いました。

この願いが叶う時、幸せなのは私一人で、きっと誰とも分かり合えないのではないだろうか。

たった一つしかない私のこの短冊に、大好きな誰かのための願いを載せたなら、みんな幸せになるのでは。


私一人が幸せになってもしょうがない。


幸せはみんなで分け合うもの。


ここはひとつ、人のために、それも家族ではなく友達でもなく、私にとって近すぎず遠すぎずな存在である人たち。

その人たちのために私の貴重な短冊を捧げたなら、みな口々にこう言うでしょう。


「人想いのなんて優しい子なの!!」

「いやぁ、その歳で自分の欲を捨てて、他人のために尽くすなんてそうは出来ねぇ!!」

「ダライラマ?ひょっとしてダライラマなのか!?」


親は私の行いに泣いて喜び、ケーキをいっぱい買ってくれるだろう。

このことは新聞や雑誌に大きく取り上げられ、一躍時の人に。

おもちゃ会社から、ぜひ私をイメージキャラクターに!!とのオファーが殺到。

たくさんのおもちゃが届く。

そう、人のためこそ自分のため!!

瞬時に悟りを啓いた腹黒い私は、保育園の先生たちに白羽の矢を立てました。


そしてさっそく母のもとへ。


私 「ねぇ、大人の女の人ってどんなことお願いするの?」


母 「そうねぇ…綺麗になりたいとか?」


私 「綺麗になると嬉しいの?」


母 「そうじゃない?女の人は、いつまでもそう思うもんじゃないかしら」


私 「そっかーー」



んで七夕当日、自分の書いた願い事を一人一人がみんなの前で発表しました。


『サッカー選手になりたい』?『お姫様になりたい』?


ふん!なんて低俗なの!!

みんな私の発表を聞いて改心するがいいわ!


先生 「じゃあ次はひろ子ちゃん、ひろ子ちゃんはなんてお願いしたの?」


私 「はい!!せんせいがみんなキレイになりますように!!ってかきました!!」

一瞬にして凍りつく現場。


あれ?あれれ?


先生 「じゃあ次はけんじ君…」


えっ!!先生ノーコメントですか??Σ(゚д゚lll)

ねぇ先生!先生!!

どうしてちょっと怒っているのですか?私に冷たくなっちゃったんですか??


女心は複雑です。


ま、実際そんなこと言われたら、こんのクソガキ~~щ(゚Д゚щ)フォォォォォーー!!ってなりますわな。


子どもって残酷です。

本人にはその気が無いだけにまったく性質が悪いです。


先生、ごめんなさい。

|

« 今夜は晴れるかしら? | トップページ | ゆーじ記念館 »

私はというと…」カテゴリの記事

コメント

惜しい!ww

微妙な言葉の違いで、あわや大惨事になりかねなかったですね
(・ω・;)

投稿: ぴちゃらん | 2010年7月 8日 (木) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1304132/35668391

この記事へのトラックバック一覧です: 続・今夜は晴れるかしら?:

« 今夜は晴れるかしら? | トップページ | ゆーじ記念館 »