« 剥き栗事件 | トップページ | 汚えび »

職人

今度の舞台衣装の靴を作成しています。

販売しているのだと、理想のデザインのものがなかったり、予算がなかったり、サイズがなかったりで、なかなか手に入らないんです。

結局欲しいものは作ることになるんですが、これがまた大変。

いえ、大変なの分かってて、あんまり手をつけずにいて泣きをみるっていういつものパターンです。

靴って!!

まぁ、なんちゃってなんですが、結構な手間暇が掛かってます。

一番のネックは布の素材。

薄すぎてミシン掛けられなくて、ひたすら手縫い地獄。

でも肌触りすごく気持ちいい(*´Д`*)

靴をちゃんと作ってる人って凄いな…。

と、思ったところで、家の父方の実家はおじいちゃんの代まで道内でも有名な靴職人の家だったそうな。

なんの因果か孫はこうして今、なんちゃって物ではあるけど靴を作っています。

おじいちゃん、寛子は元気でやってます。


試行錯誤の段階はとても辛いけど、ゴールが見えてくると自然とペースもあがるものです。

ラストスパート、頑張るゾーーー!

|

« 剥き栗事件 | トップページ | 汚えび »

私はというと…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1304132/37063915

この記事へのトラックバック一覧です: 職人:

« 剥き栗事件 | トップページ | 汚えび »