« 夏のヒーロー | トップページ | MG5 »

震災後初!復活本公演。おっぱい祭り2011

ご無沙汰しております。

海老澤です。覚えていますか?

あれよあれよともうすでに11月も中旬。

寒いです。


さて、そうこうしているうちにキミトジャグジー復活本公演一ヶ月前です。

去年の夏に公演した『骸〜MUKURO〜』の第2弾! 

あの仕事人たちが!くせのある登場人物たちが、水戸の街で大暴れ!

『骸〜MUKURO〜』を観た方も、観てない方も、そもそも芝居を観たことない方も楽しめる百花繚乱大江戸歌劇。

会場である“まちなか情報交流センター”を改装させていただき、一から劇場を作ります!

震災に負けるな!

キミトジャグジー第14回公演
焔~HOMURA~

☆作・演出 

  三池順太

☆日時

2011年12月16日(金)19:00~
2011年12月17日(土)14:00~/18:00~
2011年12月18日(日)10:00~/14:00~

☆会場

まちなか情報交流センター(水戸市南町2-6-12 三栄ビル1F)

※まちなか情報交流センターを劇場にリフォームしている様子はこちら

☆料金

前売り:1,800円
当日:2,000円


☆物語

花の大江戸、八百八町。人々が歌い、踊り、騒ぐ町。
そこに響き渡るのは、法では裁けぬ悪を絶つ、弱き者の代弁者・謎の仕事人「ムクロ」の噂。
神をも恐れぬその華麗な仕事振りに、町民達は沸きあがり、奉行所は頭を抱えていた。

ある日、瓦版売りにより江戸の町を「偽者のムクロ」が現れたという報道が駆け抜けた!
「ムクロ」とは似ても似つかぬ、極悪非道な所業。
平和な町に暗雲が立ち込めていた。

そんな折、奉行所の裏で江戸の平穏を護り続けていた轟組の組長が逝去。
十四代目の組長に任命されたのは、まだ若き、心優しい一人の青年だった…。

恋の闇より深いのは、この人の世の、心の闇か。
キミトジャグジー完全復活。震災後初の本公演。百花繚乱大江戸歌劇。

☆キャスト

瓦版売り少年「里助」/山口里美
団子屋「阿佐比」/首藤大亮
団子屋看板娘「椿」/織笠裕美
最高位忍者「千歳屋」/海老澤寛子
奉行所「斑目」/目原瞬
花火師「登貴」/ホラグチタダヒロ
町娘「お珠」/田口裕珠
瓦版売り「鈴助」/鈴木貴幸
轟組現組長「波丸」/今井智健
波丸の右腕「汐見」/石川毅
波丸の左腕「凪子」/西堀晴香

☆スタッフ

製作総指揮/佐川智伯
音響/青木美都子
照明/高須紀子
宣伝美術/秋山雄太
衣裳/奥村達也
宣材写真撮影/office Photo Style

企画・制作/KIMITOJACUZZI production


どんなもんだか様子が分からないぜ!って方はキミジャグHPで過去の公演写真とか探ってみるべし!

よろしくおねがいします(◎´∀`)ノ

|

« 夏のヒーロー | トップページ | MG5 »

キミジャグのあれとかそれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1304132/43024955

この記事へのトラックバック一覧です: 震災後初!復活本公演。おっぱい祭り2011:

« 夏のヒーロー | トップページ | MG5 »