« 鉄板の組合せ | トップページ | アメとムチ »

漁港の肉子ちゃん

ここしばらく、ちゃんと本を読めていませんが、今日は私の大好きな本をご紹介。


1345565655226.jpg


西加奈子、“漁港の肉子ちゃん”


西加奈子の本はもともと大好きで、エッセイから過去作品は全部読んでいるのですが、その中でもコレ!


置き場所に困るので、本はだいたい図書館で借りて読むことが多い私が、これは3回借りて読んで、それでも好きなのでとうとう買ってしまいました。

男に騙されて、たどり着いた北の町。

湊の焼肉屋「うおがし」で、肉子ちゃんは働いている。

太っていて、不細工で、とても明るい、私のお母さん。


なんてことない日々の小さな残酷さも、小さな小さな幸せで溢れている、そんな世界。


気がついたら、いつも最後は笑いながら泣いています。


読書の秋にはまだ遠いかもしれませんが、お勧めの一冊です。

合わせて、以前織笠さんが貸してくれた“怪奇!大盛り肉子ちゃん”という漫画も、かなりの名作です。


ああ、本読みたい!

|

« 鉄板の組合せ | トップページ | アメとムチ »

好きなもの」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漁港の肉子ちゃん:

« 鉄板の組合せ | トップページ | アメとムチ »